季節感染症学

フィラリアのお話

フィラリア症はご存知でしょうか?


フィラリアとは蚊から感染する寄生虫で、フィラリアに感染した蚊がわんちゃん、ねこちゃんから吸血する際に感染します。

その際筋肉内で子虫から幼虫へと発育し、半年ほどかけて心臓へと成虫が寄生します。


症状や治療方法などはわんちゃんと猫ちゃんで少し違いがあります。

それぞれ見ていくと


○犬のフィラリア症
__________________________________________

心臓に成虫が寄生した場合、血液の循環が悪くなり、心肥大、腹水、咳など心不全の症状が現れます。

そしてフィラリアがすでに血液中にいる場合は、フィラリア薬の副反応などが強く出るため、

必ずフィラリアの検査を行ってから投薬をします。

心臓にすでに感染している場合は超音波検査で診断が可能です。

治療は血管に入るような細い鉗子を使用し成虫を釣り出します。
__________________________________________

○猫のフィラリア症
__________________________________________

ねこちゃんのフィラリア症は咳や呼吸困難、吐き気や下痢といった症状がでることがあるのですが、

最も怖いのはフィラリアに対して猫ちゃんの体の中で激しいアレルギー反応を起こし

突然死してしまうケースです。

猫ちゃんのフィラリア症は診断が非常に難しいため、フィラリア症をしっかりと予防することが大事です。
__________________________________________


わんちゃん、ねこちゃんかかわらず、感染してしまうと命の危険が及ぶのがフィラリア症です。
北海道では見ないからという声もありますが、近年の気温の上昇などを考えるといつフィラリアが北海道で流行してもおかしくはないのではないでしょうか。

予防は、何かが起こってからでは遅いことがほとんどです。特にわんちゃん、ねこちゃんは感染症から自分の力では身を守ることはできませんので、しっかりと獣医師と話し合い、方針を決定しましょう。