季節感染症学

猫ちゃんもフィラリア予防!?

前回の記事でも紹介いたしましたが、フィラリア症はわんちゃんだけの病気ではありません。


猫ちゃんの症状をおさらいしてみましょう。


○元気がなくなる
○慢性的な下痢
○咳がでる
○突然死してしまう


こう見るだけでもやはり非常に怖い病気です。

あまり馴染みが無い病気にも思われますが、ある報告では地域猫10頭に1頭の割合で感染が認められているということです。

上記は関東での報告なのですが、近年の気温の上昇により、本州地方でしかみられなかった感染症も将来的には北海道でも発生する日が来るかもしれません。

その前にしっかりと予防をしておくことが大事なのではないでしょうか。

予防薬はノミやダニ、消化管の寄生虫などを一緒に駆虫できるスポットタイプのお薬がありますので、簡単に投薬ができますので、ぜひ一度猫ちゃんのフィラリア症について考えてみましょう。
予防期間は6月1日から11月1日の6か月間です。


時代とともに動物たちのおかれている状況や、飼育方法などの変遷は必然的に起こるものだと考えております。例えば昔はわんちゃんは外で飼うのが当たり前だった時代もあったかと思います。今は猫ちゃんの飼育頭数も年々増加傾向にあるようです。ですので、その時代に合った提案を今後もしていこうと思います。

 

アイリス犬猫病院