日常ケア皮膚科学 日常ケア皮膚科学

耳の汚れは要注意!!

湿度が高い時には外耳炎に注意です。

わんちゃん、ねこちゃんともにこんな症状はありませんか?

○首元を頻繁にかゆがる

○頭をよく振る

○耳がくさい

○掃除しても汚れが出る

こんな場合は外耳炎を起こしているかもしれないサインです。

 

もともとわんちゃん、ねこちゃんの耳は細菌と真菌によって

うまくバランスをとって外からの感染を防いでいます。

ですが、耳の環境が悪くなると微生物のバランスが崩れてしまい、

極端に増殖することで外耳炎が起きます。

 

耳がたれている犬種は湿気や温度が高くなりやすく、

耳の軟骨の形がもともと変形している猫種、

パグやフレンチブルドッグといった短頭種の犬などは

耳の自浄作用が悪いケースが多いので注意が必要です。

 

外耳炎は放っておくと耳道が狭くなり最終的には

外科的に切除しなければならなくなるほど悪化してしまう事も少なくありません。

 

もし、上記のような症状がある場合には動物病院に相談しましょう。

 

アイリス犬猫病院